rsyncで同期させるときに良く使うパターン

By | 2012/12/26

サーバ移転やバックアップにrsyncは良く使うけど、オプションを忘れやすいのでメモ。
私がよく使うパターンだけを書いているので、その他の高度なオプションはドキュメントを見てね。

rsync -avn -e "ssh -p22" --exclude '*.tmp' --delete /home/user1 user2@999.999.999.999:/tmp/

-a : アーカイブモード(基本的に指定して使う)
-v : 進捗表示
-n : テスト実行(実際には転送しない)
-e : シェル指定(ポート番号を変更したいときだけ必要)
--exclude 'パターン' : 除外したいファイル
--delete : 削除した物は転送先からも削除
転送元 : /で終わればそのディレクトリの中身だけ、/が付いてなければディレクトリそのものも転送
転送先 : ユーザー@ホスト:ディレクトリ(ユーザやホストは必要な場合だけ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です